イスタンブール へ お客様はご旅行ですか?

ボスポラス海峡に位置するインスタンブールは、アジア文化とヨーロッパ文化両方の影響を受けたことから真のるつぼです。
旧市街はかつてこの地を統治した多数の帝国の文化的影響を反映しています。オスマントルコ帝国が立国される前にコンスタンチノープルとして東ローマ帝国市民によって統治され他インスタンブールには、古代の軽二輪戦者レースが開催されたローマ帝国時代の競技場のような文化的人工物や 537 年に最初に東ローマ帝国市民によって建設された、その巨大な丸天井とキリスト教のモザイクで名高いアヤソフィアがあるおかげでローマ帝国の影響が今なお鮮明に残っています。
 
ブルーモスク (スルタンアフメト・モスク) は絶対に訪れるべき名所です。1616 年建立のこのモスクは、特有の青色の内装タイルと巨大な主円天井および6 か所のミナレットが敷地をとり囲んでいる実に感動的な場所です。トプカプ宮殿も無数の王家の人工物が所蔵されていることで、主要な観光名所になっています。
トプカプ宮殿の近くにはスパイスバザールがあり、香辛料のまとめ売りやほかの土産品および製品などの販売で世界的に有名な場所です。グランドバザールの近くのイスタンブールの城壁に囲まれた地区は、世界最古の屋根で覆われたマーケットだと考えられ、4000 軒を超える店が 61 本の通りにわたって軒を連ねており、断然人気が最も高いマーケットで年間で推定 9,100 万人の観光客を呼び寄せています。

星のように輝く人気ホテルを旅行会社様向けに厳選しました